包茎の悩みについて

真性包茎は絶対手術が必要?

真性包茎は絶対に手術が必要なのでしょうか?

 

手術と聞いてしまうと、躊躇してしまう気持ちは良くわかります。誰だって体に傷をつけてしまうのではないか?痛みが酷いのではないか?など色々と悩んでしまいますね。真性包茎であれば、絶対に手術が必要なのかを正しく知っておくと良いと思います。

 

また、その包茎は本当に真性包茎であるのか?という点も病院で明らかになるため、一度受診された方が良いかもしれません。真性包茎の手術が必要なのは、皮の中に雑菌が繁殖しやすく、性病や感染症などにかかってしまう恐れがあるからです。また、癌にも発展する可能性があると言われています。性行為ができない場合もあり、子供が作れなければ手術が必要になってくるでしょう。

 

真性包茎だと思っている方でも、性行為に特に問題がなければ手術が不要な場合もあります。皮の中を清潔に保つ工夫をしたり、性行為ができれば特に問題は無いと思います。癌は本人がなりやすいほか、女性への感染症や癌の誘発などもあると言われています。病気の不安があるなら、手術を行った方が良いのではないでしょうか。

 

真性包茎はまったく亀頭を出すことができないため、性行為ができたり中を清潔に保つことができる場合では、もしかしたら仮性包茎やカントン包茎なのかもしれませんね。