包茎の悩みについて

仮性包茎と真性包茎の違い

包茎で悩む前に、仮性包茎と真性包茎の違いを正しく知っておきましょう。

 

包茎と一言で言ってしまいますが、包茎にも幾つかの種類があり、その症状によって異なっているようです。3つに分類されており、真性包茎・仮性包茎・カントン包茎と言う種類があります。包茎ではないか?と思っている方は、仮性包茎やカントン包茎である事も多く、その特徴を知っておくと良いでしょう。

 

真性包茎とは亀頭を出すことができない状態のことです。皮が癒着していたり、包皮の出口が小さいため亀頭を露出させることができません。この場合は内部に雑菌が繁殖し不衛生になる事もあり、手術が必要となります。性行為も出来ないため早めに治療すると良いでしょう。

 

仮性包茎とは普段は皮をかぶっているが、勃起したり手でむくと亀頭を露出できる状態です。特に問題は無く、内部に雑菌がたまらないよう清潔にするよう心がけましょう。手術は不要です。

 

カントン包茎とは、手でむくことはできるが、出口が狭いため全てむくことは出来ないのです。一部分までは露出する事ができます。しかし、そのままの状態で元に戻らないと、亀頭への血流が阻害されて壊死する事もあり、早めに治療を行った方が良いタイプです。